緊張型頭痛

凝りやストレスで緊張型頭痛に!

頭痛予防

痛みは片頭痛ほどではないけれど、毎日のように痛みが続くことがあるのが、緊張型頭痛

肩こりなどの筋肉の緊張や、ストレスが原因です。

男女を問わず、中高年を中心に幅広い年齢層に見られ、15歳以上の日本人の約22%が悩んでいるとされます。


片頭痛が「血管性頭痛」であるのに対し、緊張型頭痛は「筋収縮性頭痛」とも言われるように、 首筋から頭部にかけてある筋肉が、なんらかの原因で緊張する(つまり"こり")ことが原因で起こります。


●緊張型頭痛の傾向
■ジワーッとした痛みやドーンとした痛み、重い痛みを感じる
■疲れが出てくる午後以降に痛みが強くなりやすい
■精神的・肉体的ストレスが大きく関係している
■パソコンをよく使うなどによる眼精疲労でも起こる
■片頭痛に比べ、年齢が高くなってから起こりやすい


緊張型頭痛は悪循環に陥りやすい。肩がこってくると頭痛が起こり、そのせいで首をあまり動かさないため、ますます筋肉の血行不良になり、首の筋力も弱まる。すると、余計に筋肉が疲労を起こしやすくなり、頭痛を招くことになります。

この悪循環を断ち切るためには、"こり"をうまく解消するには積極的にウォーキングをしたりスポーツジムに通ったりすることも頭痛を予防できる方法です。

自分へのご褒美に体も心も癒される極上ホテルのスパも人気があります。


▼心も体も癒される人気のスパ検索はこちらから

誰も知らなかった頭痛の治し方